4月25日、3年ぶりにANZAC Dayの式典が、横浜の英連邦墓地でNZ大使館が担当して行われました。上田会長と稲留理事が参列し、JANZとして花輪を捧げました。

第1次大戦の際に、豪州とニュージーランドの部隊(Australia and New Zealand Army Corps) がトルコ戦線に動員され,(日本の軍艦「伊吹」がインド洋を護衛した)、トルコのガリポリに上陸作戦を敢行し、多大の犠牲を出したのですが、それ以来、両国が参戦した諸戦争での犠牲者を悼む日になった経緯があります。

式典は、ニュージーランドとカナダの兵士の墓が並ぶ一角で行われました。クーパー・ニュージーランド大使の式辞、両国国歌の演奏、トルコ大使の献辞(ケマル・アタチュルクの言の引用)に続き、記念碑に花輪の捧呈が行われ、両国大使や連合国の代表等に続き、JANZ会長も花輪を捧呈しました。 その後、鎮魂ラッパの演奏、黙祷と続き、最後にアダムス豪州大使の「我々は忘れない」との献辞に参列者が唱和して式典が終わりました。続いて、豪州兵の墓地に移動し、花輪の捧呈が同様に行われました。

毎年JANZ代表が参列する慣例になっています。