公益社団法人日・豪・ニュージーランド協会  Japan Australia New Zealand Society Inc.

目的

オーストラリア及びニュージーランドとの人的・文化的交流と経済的発展を図り、相互理解と友好・親善の促進を目的としています。

協会の歴史

公益社団法人日・豪・ニュージーランド協会は1928年(昭和3年)に外交、経済界有志により「日濠協会」として設立(後に「濠州協会」と改称)しました。戦後の1949年(昭和24年)は「日濠貿易協会」として再発足、以後活動をニュージーランドにも広げて1951年(昭和26年)に「日濠新西蘭協会」となりました。

しばらくしてから二つの協会に分離した時期が約30年間続きましたが、1986年(昭和61年)には外務省より公益法人として認可されて「社団法人日・豪・ニュージーランド協会」、平成24年4月1日公益社団法人改革に伴い、「公益社団法人日・豪・ニュージーランド協会」となりました。
もっと見る

協会の活動

JANZの活動 JANZがいかなる行事・事業を行ってきたかをその歩みの中でも辿って頂きましたが、 もとより時代とともに内容は変化しており、ここでは今日の姿をご説明します。

基本的な考え方としては、参加される方々に充実感を抱いて頂くこと、社会的に有意義 であることを活動の2つの柱としています。言いかえれば、参加下さる方にとって楽しく 満足して頂ける行事、なんらかの形で世の中のお役に立つ事業を心がけている。 また、70余年の伝統を大切にしつつ、新しい時代にどのように応えていくかが、大きな 課題である。
もっと見る

イベントの最新情報

PAGETOP